激安オフィス製品にご注意を。非正規品のからくりや対処方法を紹介

中古パソコンをお求めのお客様は激安オフィス製品について疑問に思ったことはありませんか?本来最新のオフィスはアプリのバラ売りでも15000円程度、オフィススイート(セット売り)だと3万~6万円程するものです。にも関わらずパソコンとセットで1万円台で売られている商品がYahooショッピング等で見受けられます。今回はそういった商品のからくりや、非正規品(海賊版)の対処方法について説明します。


オフィス2019付きで激安販売されているパソコンの数々

非正規オフィスとは

非正規オフィスとは海賊版オフィスがその大半で不正なライセンスを適用したオフィスの事を指します。方法は様々ですがライセンス入力をパスするクラック版であったり、企業用ボリュームライセンスにただ乗り等が見受けられます。

そういった非正規品なオフィスは仕入れ値がほぼ0円なので超低価格で提供できるというからくりがあります。

非正規品・海賊版オフィスの例


ライセンスキー入力をクラックして突破する海賊版オフィス

1ライセンスで何百人も使える企業用ライセンスのただ乗り

非正規品・海賊版を使うとどうなるの?

遅かれ早かれオフィスが使えなくなります。これはMicrosoft社(オフィスの製造元)がこういった製品が流通しないようにオンラインより見張っているので、不正オフィス見つかった場合直ちにライセンス(プロダクトキー)が停止されます。

他にはオフィスこそパソコンにインストールされているけれど、ライセンスが付属しない品も存在しており、そういった品は上記に加えてパソコンを初期化したら問答無用で使えなくなります。

非正規品・海賊版オフィスはいつか使えなくなりますのでご注意を


Microsoft社は違法なライセンスが横行しないように日々監視しているので、それが見つかり次第オフィスは使えなくなります

非正規品・海賊版オフィス搭載PCはプロダクトキーがつかない場合もあり、そういったオフィスはリカバリー(初期化)をした場合でも使えなくなります

非正規品・海賊版オフィスの見分け方

次のようなパソコンにインストール済みのオフィスはその概ねが海賊版です。

海賊版オフィスはプロダクトキーの添付方法が特殊など法則性があります


プロダクトキーがPC内にデータ形式で保存してある

メールでプロダクトキーが送られてくる

プロダクトキーは付属しないがオフィスは使えると商品説明に書いてある

某アジア人がショップの社長

非正規品・海賊版オフィスの回避方法

あまりに安いパソコンは見合わせることが大切です。また海賊版を取り扱っている店は海賊版という特殊なオフィスを付属させる関係上、付属方法が特殊であったり、付属しない場合があったり、オフィス付属に関する明言を避ける傾向があるので見分けることができます。商品に関して不明点がある場合はお店に問い合わせしてみるのもおすすめです。


安すぎるオフィス搭載PCを買わない

商品仕様にてオフィスが物的に付属しているか確かめる

お店にお問い合わせしてみる

Gテックの商品は大丈夫?

Gテックのオフィス製品はPIPC版やDSP版など正規ライセンスキーが存在する品物を取り扱いしています。かならずオフィスの正規ライセンスが付属するので安心してご使用いただけます。

また海賊版を扱う店の多くは社名や屋号を頻繁に変える傾向がありますが、当店は1999年より中古パソコンを取り扱い、この道20年以上社名を変えず経営しているお店なので安心だとお伝えさせていただきます。


当店の付属オフィスは正規品を仕入れており物的にライセンスが付属いたします

リサイクルPC Gテック(株式会社蒲郡ジムキ)はこの道20年以上のお店なので安心してご利用ください

GテックのMicrosoft Office搭載パソコンはこちら

ページタイプ:freepage
ページID:officeattention
カテゴリー識別コード:
システム商品コード:

ご注文の流れ

商品の買い方
商品の買い方